読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけましておめでとうございます

1930年代貼雑帖


「日用帳」は2014年でかれこれ12年目、今年もマイペースに続けていければといいなと思いつつも、今年こそはもうちょっと精進したい。本年も何卒どうぞよろしくお願いします。なにはともあれ、よき日々になりますように。




北村今三の1930年の年賀状(多色木版)。84年前の午年。「鶏口となるも牛後となるなかれ」の「牛」を「午」にアレンジしてみたのかな、馬のしっぽの鶏がユーモラス。神戸の版画家・北村今三(1900〜1946)は大正12年に関西学院中等部を卒業後、宇治川電気に勤務。この年賀状の前年の昭和4年5月に、川西英、菅藤霞仙、春村ただを、福井市郎らと「三紅会」を結成。昭和5年6月の第2回三紅会展には前田藤四郎が加わっている。