『虹をつかむ男』を読み、『ベルばら』を聴き、「俳優館」を眺める。

日没後、マロニエ通りをズンズンと歩いて、京橋図書館へゆく。本をわんさと借りて、ホクホクと帰宅。家事その他を大急ぎで片づけて、次々と繰ってゆく。『十夜』というタイトルの短篇小説のアンソロジー(ランダムハウス講談社、2006年)に野口冨士男の『相生橋煙雨』が載っていて、堀江敏幸が紹介文を書いている、と知ってさっそく借りてきた。まずは、堀江敏幸によるエッセイを読む。北村薫がジェイムズ・サーバーの『虹をつかむ男』を紹介しているのを見て気が向いて、十何年かぶりに『虹をつかむ男』を読んで、しみじみいとおしいなあとウルウル。早川書房の異色作家短篇集はずいぶん前に古本屋に売ってしまった。機会があったら買いなおしたいものだと思う。

…というようなことをしているうちに、そうだ、『ベルばら』のディスクを借りてきたのだった、こうしてはいられないと、ガバッと立ち上がる。宝塚を追憶するために借りてきた「ベルサイユのばら〜昭和版〜ベスト」という名のディスクをドキドキしながら再生。まっさきに聞こえてきたのは安奈淳の歌う「愛〜、それは〜♪」であった。そのたしかな歌唱力に感激しているうちに、次の曲へ。次は榛名由梨の歌う「ブロンドの髪、ひるがえし〜♪」であった。先週の東京宝塚劇場を思い出して、懐かしい。たった一週間前なのにずいぶん前のような気がする。などと、胸が熱くしながら、順番に聴いてゆく。「夢の馬車」がかわいい! ステファン人形を追憶する。

…というようなことをしているうちに、そうだ、安奈淳と宮口精二の対談記事があったはずと、書棚から、宮口精二の雑誌「俳優館」を取り出して、最終号の第41号(宮口精二追悼号)の索引から探して、安奈淳の対談を読む。興にのって、索引から宝塚出身の人々を探して、次から次へと記事を読む。そんなことをしているうちに、すっかり夜がふける。『十夜』に入っていた志賀直哉の『剃刀』を読んで、就寝。