処暑

5時に目が覚めて、内田光子さんとボストリッジの《美しき水車小屋の娘》をイヤホンで聴きながら家事諸々。不燃物のゴミを出す。先週うっかり出し損ねていたのが片づいてすっきり。朝の喫茶店で岩波文庫の『文楽の研究』を眺める。かゆいところに手が届く児玉竜一さんの解題がすばらしい。眼福なり。帰りはマロニエ通りを歩いて京橋図書館へ。松屋裏の奥村をのぞこうと思ったものの店番があのオヤジなのでやめておく。昭和通りを渡り新生堂奥村書店、来たのがひさしぶりのせいか、なかなか新鮮な品揃え。野口冨士男の単行本が数冊並んであって、未所持の『しあわせ』の値札を見ると1000円なので迷わず購入。「週刊文春」の切抜、武藤康史による野口冨士男追悼記事が挟まってあってホクホク。図書館に入るととたんに疲れてしまい、急いでフィルムセンターへ行って成瀬巳喜男の『噂の娘』を見るつもりでいたけど、急にやる気がなくなる。まわるアサヒペンを見損ねた。帰宅すると「BOOKISH」の山田稔特集号がいきなり届いていてびっくり。なにはともあれ無事に刊行されてなにより。大切に読んでいくとしよう。