ジュンパ・ラヒリの新刊を買った

昼休みに本屋さんへ出かけて「一冊の本」と「波」を入手して、いそいそとコーヒー店へ。今日は空がとてもきれい。9月に朝日選書で『笑いの歌舞伎史』という本が出るらしい、面白そうだなと思ったあと「波」をめくって、突然びっくり。ジュンパ・ラヒリの待望の新刊がすでに発売になっていたらしい。これはさっそく買って帰るとしようと夕刻、銀座へ寄り道。ますます今日は空がきれい。

ジュンパ・ラヒリのデビュウ短篇集『停電の夜に』は大好きな本だった。新潮クレストブックを新刊を本屋さんで手にとって、堀江敏幸の惹句で衝動買いしたのだった。買ったのは銀座の近藤書店で、近藤書店での買いものはいつもきまって海外文学1冊で、緑色のカバーをかけてもらって、読了後にカバーをとって本棚に並べる瞬間がいつも大好きだった。近藤書店で買うのは海外文学のなかでも初めての書き手ということが多くて、そんなちょっとした冒険をしたくなるお店で、素敵な書き手をたくさん知ることができた。と、ジュンパ・ラヒリの新刊が出たと知って、急に近藤書店のことを思い出してしまった。

月に一度のちょいと高めの日用品ショッピングをしたあと、最後は教文館。新刊台はジュンパ・ラヒリのところだけひときわ浅くなっていて、いかにも「待望」という感じ。手にとってみると、2冊目も堀江敏幸の推薦文がついていて「彼女は予想を超える深化を遂げていたのだ――驚くほど静かに、驚くほど自然に」というのが結びの一節。急に胸がジーンとなった。読むのがたのしみのような、もったいないような。でも、すぐに読んでしまうのは確実。

購入本

  • ジュンパ・ラヒリ/小川高義訳『その名にちなんで』新潮クレスト・ブックス(ISBN:4105900404